百人一首67番「春の夜の~」の読み方

百人一首67番目の歌「春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなくたたむ 名こそをしけれ」について。

百人一首67番の読み方

全文春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなくたたむ 名こそをしけれ
上の句春の夜の 夢ばかりなる 手枕に
下の句かひなくたたむ 名こそをしけれ
ふりがな
全文
はるのよの|ゆめばかりなる|たまくらに|かひなくたたむ|なこそをしけれ
ふりがな
上の句
はるのよの|ゆめばかりなる|たまくらに
ふりがな
下の句
かひなくたたむ|なこそをしけれ
英語表記
全文
HARUNOYONO|YUMEBAKARINARU|TAMAKURANI|KAHINAKUTATAMU|NAKOSOSHIKERE
英語表記
上の句
HARUNOYONO|YUMEBAKARINARU|TAMAKURANI
英語表記
下の句
KAHINAKUTATAMU|NAKOSOSHIKERE

百人一首67番|基礎知識

決まり字はるの
作者周防内侍
決まり文字数3字決まり
札の枚数4枚札

百人一首67番|読み札

百人一首67番|取り札

百人一首67番|読み上げ音声

タイトルとURLをコピーしました