百人一首2番「春過ぎて~」の読み方

百人一首2番目の歌「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」について。

百人一首2番の読み方

全文春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山
上の句春過ぎて 夏来にけらし 白妙の
下の句衣ほすてふ 天の香具山
ふりがな
全文
はるすぎて|なつきにけらし|しろたへの|ころもほすてふ|あまのかぐやま
ふりがな
上の句
はるすぎて|なつきにけらし|しろたへの
ふりがな
下の句
ころもほすてふ|あまのかぐやま
英語表記
全文
HARUSUGITE|NATSUKINIKERASHI|SHIROTAHENO|KOROMOHOSUTEFU|AMANOKAGUYAMA
英語表記
上の句
HARUSUGITE|NATSUKINIKERASHI|SHIROTAHENO
英語表記
下の句
KOROMOHOSUTEFU|AMANOKAGUYAMA

百人一首2番|基礎知識

決まり字はるす
作者持統天皇
決まり文字数3字決まり
札の枚数4枚札

百人一首2番|読み札

百人一首2番|取り札

百人一首2番|読み上げ音声

タイトルとURLをコピーしました