百人一首36番「夏の夜は~」の読み方

百人一首36番目の歌「夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを 雲のいづこに 月やどるらむ」について。

百人一首36番の読み方

全文夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを 雲のいづこに 月やどるらむ
上の句夏の夜は まだ宵ながら あけぬるを
下の句雲のいづこに 月やどるらむ
ふりがな
全文
なつのよは|まだよひながら|あけぬるを|くものいづこに|つきやどるらむ
ふりがな
上の句
なつのよは|まだよひながら|あけぬるを
ふりがな
下の句
くものいづこに|つきやどるらむ
英語表記
全文
NATSUNOYOHA|MADAYOHINAGARA|AKENURUO|KUMONOIZUKONI|TSUKIYADORURAMU
英語表記
上の句
NATSUNOYOHA|MADAYOHINAGARA|AKENURUO
英語表記
下の句
KUMONOIZUKONI|TSUKIYADORURAMU

百人一首36番|基礎知識

決まり字なつ
作者清原深養父
決まり文字数2字決まり
札の枚数8枚札

百人一首36番|読み札

百人一首36番|取り札

百人一首36番|読み上げ音声

タイトルとURLをコピーしました